2018年2月2日金曜日

2018 “ Scenes of Tibetan tea ” at The Marvelous Space in Tainan Taiwan


Scenes of Tibetan tea 
yoyoyooda Photograph Exhibition

2018/3/23-4/21 11:00 – 19:30(close Wen & Thu)
●Address: 「The Marvelous Space 
」8F., No.83, Sec. 2, Yongfu Rd.,
 West Central Dist., Tainan City 700, Taiwan (R.O.C.)
●Web: https://www.facebook.com/themarvelousspace/
●Tel: +886 983 213 777



名称:『 西藏的茶事景色 』  yoyoyooda写真展
作者名:yoyoyooda
会場:飛石樓  台南市中西區永福路二段83號8樓
展示会期:2018年3月23日~4月21日
営業時間:11:00 ~ 19:30 定休日:水&木

yoyoyooda
Instagram : https://www.instagram.com/yoyoyooda/
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com


 
Scenes of Tibetan tea yoyoyooda photo exhibition 
 1, "Tea as the theme"
    I like taking photos as if writing my diary so I kept them personal, until 2007 when I came to give the photo exhibitions under the tea related themes such as “I ♥ TEA –The P.O.W.E.R of Tea”, “Sceneries with Tea”, “Tea and letters”, “Ochacle ~Tea and Days + Oracle~”, “CHAEN ~ Relations through tea~”.

    I have been the mistress of a teahouse in Tokyo since 1999 but my relationship with tea had begun in the daily life of my childhood. My aunt, who lived with our family, was a teacher of the Japanese art of tea ceremony and used to prepare a cup of tea for me. I also used to talk over tea with a neighborhood friend on the way from school every day. When I was a student in New York, I used to go to a Chinese teahouse and had colorful moments in neighborhood cafes. For me, tea is something which connects my past, present and future self. It is a daily thing, peace and a precious time of communication which unites others and myself. We can’t live without foods, while we can without tea. The fact that we are being able to do this dispensable activity means, I always feel, happiness and peace.

 2, "Photo exhibition, Scenes of Tibetan tea"
   My photography teacher and my father passed away in these few years. There were moments when I felt and thought deeply about life & death realizing that human life has an end, and from my perspective, I felt these two people carried no sense of regret. In this finite lifetime, what would be the most disappointing for me now? Reflecting on this question, I had taken my first journey to Tibet in 2003. In the city of Lhasa, I came across sceneries, people, Tibetan teahouses of unique display and the people who gathered there. They touched my heart and I took a lot of photos. After returning home, however, I developed the films to find only those from the Tibetan teahouses and the people there did not come out. I was so sorry and regretful that I visited Tibet again to take photos in 2017. Tibet as I experienced with my own eyes is the land of prayers, fashionable people, teahouses with unique atmosphere and the powerful mountains of wild nature which let us realize anew that we are part of it.

 3, "Days of microcosm"
   During this trip, at the teahouses in the capital city of Lhasa, where Potala Palace and Jokhang Temple are located, I often saw certain gesture when the first cup of tea was poured. They dip the index finger in it and flick the liquid away, which is done three times. They say that the first movement is to dedicate the tea and prayer for the buddhas, the second is for the ancestors and the third is for the world peace. Those who prostrate around Jokhang Temple, praying by touching the ground with the hands, knees and forehead, are not praying or invoking for the fulfillment of personal desires, either, but they keep praying for “the world peace”, along with which the mani wheels also spin all around the town. Being surrounded by those scenes suddenly reminds me of a story about Gandhi.

   Their prayers have different ways of expression and communication, but each is wishing for the peace of one’s microcosm (soul) and for that peaceful microcosm to be connected to the macrocosm. Last but not least, it is a great honor to be able to give this photo exhibition on my very favorite land, Taiwan. May your microcosm be peaceful every day. May days when you can have some tea with a good feeling continue forever.    yoyoyooda

「チベットのお茶にまつわる風景 yoyoyooda写真展」 
1、『お茶をテーマに 』 日記を書くように写真を撮るのが好きで、
自分が見るだけのためにとってましたが、 2007年から「 I ♥ TEA オチャノチカラ 」「 お茶のある風景 」  「 お茶と手紙 」  「 オチャクル ~お茶と日々とオラクルと~ 」 「 茶縁 」  というお茶にまつわるテーマで写真展をするようになりました。 1999年から東京で茶館を経営してますが、 お茶とのお付き合いは、幼少の頃から日常や、 実家で一緒に暮らしてた伯母が茶道の先生で お茶をたててもらってたり、毎日学校帰り 近所の友達の家でお茶をしながらお話ししたりNYで学生の頃はチャイナタウンで中国茶館にいったり、 近所のカフェでいろんな時間をすごしました。

お茶とはじぶんにとって 過去と今と未来の自分の時間をつなぐものであり
日常であり、平安であり、 自分と他人とを結ぶコミニュケーションの大切な時間です。 
ご飯は食べないと生きて行けないけれど お茶をしなくても生きて行ける。
そのしなくてもいい行為ができているということは 幸せであり、平和である。といつもそう思います。 

2、『チベットのお茶にまつわる風景』
ここ数年のあいだに写真の先生と実父が他界しました。 人の営みには終わりがあるんだな~としみじみ死ぬ&生きるを、 味わい考えるきっかけがあり、じぶんからみて、 彼ら二人は後悔の念はないだろうな~と感じました。 終わりがあるこの人生自分にとっていまがっかりすることはなんだろう~? と考えた時に、 2003年にチベットに初めて出かけ、ラサで街で出会った景色や人々、 独特な風景のチベットの茶館や、そこに集う人々に感動し、たくさん写真をとりました。 帰国後フィルムを現像するとチベットの茶館の風景とそこの人々だけ、1枚も写ってなかったのが ものすごく残念で、後悔したので、再び2017年に撮りにチベットへおとずれました。 自分の目をとおしたチベットは、 祈りの土地、ファッショナブルな人々、独特な雰囲気を感じるチベットの茶館の風景、 自分自身が自然の一部であることをあらためて感じさせてくれる 力強い大自然の山々があるというところです。 

3、『小さな宇宙の日々』
今回ポタラ宮殿、ジョカン寺のあるチベットの首都ラサにある 茶館でよく目にしたのが 1番最初にお茶を注がれる時にする所作で、 コップの中に人差し指を入れて そのお茶のついた指を外に弾きます。それを3回繰り返します。 動作の1回目はほとけさまに、2回目はご先祖様に3回目は世界平和に お茶と祈りをたむける意味だそうです。 街の中で、ジョカン寺の周りをぐるぐると五体投地 している人たちも個人の欲求を求めた祈りや、何かの祈願ではなく、 「世界平和」ということを願って祈りを続けてるそうです。 街じゅうのマニ車もそれと共にグルグルとまわります。 その景色の中にいると、ガンジーにまつわる話をふと思い出します。 表現の仕方や伝え方は違いますが それぞれの祈りが、自分の小宇宙(魂)の平和につながり、 その平和な小さな宇宙が、大宇宙につながることを願います。 最後に大好きな台湾の土地でこの写真展をできるのはとても光栄です。 みなさんの小さな宇宙が日々、平和でありますように。 いつまでもみんなが気持ちよく お茶ができる日々がつづきますように。 yoyoyooda

 「 西藏的茶事景色 yoyoyooda攝影展 」
1、『以茶為題』
喜歡寫日記般的拍照方式, 原本只是為了自己欣賞的作品, 2007年開始「I ♡ TEA 茶的力量」、「有茶的風景」、 「茶與信」、「Ochacle~茶、日常以及占卜」、「茶緣」 等圍繞著茶為主題舉辦了攝影作品展。 1999年開始在東京經營茶館, 說到與茶的緣分,孩提時的日常生活起, 同住家中的姨母是茶道老師 會泡茶給我喝,或每天放學後 在鄰居朋友家泡茶兼聊天, 或紐約就學時期造訪中國城的中國茶館、 或在住家附近的咖啡店渡過許多時光。 對我而言茶是 連繫自己過去、現在和未來的時光 是日常,是平安, 是自己和他人交流的珍貴時刻。 不吃飯不能活下去 但不喝茶也能活著。 能做著不做也能活下去的事 是幸福的,是和平的。一直都這麼覺得。

 2、『西藏茶事風貌作品展』
本次攝影展主題的起源為 這幾年照片中的老師和家父逝世。 人生是有完結篇的啊~深切地領略到死與生, 以此為思索的開端,在我看來, 兩位都過著無悔的人生吧~如此感受著。 對我而言有完結篇的人生中截至目前悔不當初的事是甚麼呢~? 忽然想起、 2003年初次前往西藏,拉薩街道遇見的景色和人們, 有著獨特風景的西藏茶館,為在那聚集的人深受感動,拍了許多照片。 回國沖洗照片發現西藏茶館及館內人們的風貌,一張都沒留影 因為感到非常遺憾後悔,2017年為了拍攝再次造訪西藏。 我親身感受的西藏是, 祈禱之地、時尚感十足的人們、帶有獨特氣息的西藏茶館風貌, 再次感受到自己是大自然的一部分 是強而有力的大自然山岳之所。

 3、『小宇宙的每日』
這次在布達拉宮、大昭寺座落的西藏首都拉薩 飽覽茶館風光 倒茶後的第一個的動作為 食指置於杯中 將沾著茶的手指向外彈。重複此動作三次。 第一次獻給佛,第二次獻給祖先,第三次祈求世界和平。 據說是奉獻茶水和祈禱的意思。 街上,大昭寺周圍處處可見五體投地 據說這些人有為個人祈求,也有甚麼都不求、, 只祈禱持續世界和平。 我也和經輪一起在街上不停歇地轉啊轉。 身處這片景色中,腦海浮現了甘地的話。 表現及傳達的內容或許不盡一致 每個人的祈禱,在自身小宇宙(靈魂)的和平裡相連, 這些和平微小的宇宙,祈求著在大宇宙裡相繫。 能在最喜歡的台灣這塊土地上開設作品展感到十分榮幸。 祈禱大家的小宇宙,日日和平。 時時好心情, 日日有茶沏。yoyoyooda

YO5-00010-1/1 Pour the milk tea /注入milk tea /ミルクティーをそそぐ


YO5-00011-1/1 The shades man / 墨鏡男 / サングラスの男  


2018年1月29日月曜日

Profile プロフィール

yoyoyooda / Photographer
1968, Japan I studied in France and the US and upon graduating the Parsons AAS program in NYC, I worked for five years as a designer and press manager for a footwear company. After completing that job I opened and now run a Chinese tea shop in Tokyo, Japan. I practice photography centered around tea culture and organize and take part in art exhibitions all around the world.

yoyoyooda
Instagram :  https://www.instagram.com/yoyoyooda/ 
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com



Profile
1968 Born in Japan
1993 After staying in US. and France, graduated from “Parsons’ -The New School for Design” with AAS program in N.Y.
1994 learning at a shoe making school sponsored by The Tokyo metropolitan government .
1995~1999 worked for a shoe design company as a designer/ press relation
1999 Opening Meishachakan tea house then started to organize many events and workshops as well.

Previous Photo exhibitions
2007 “ I ♥ TEA The P.O.W.E.R of Tea” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan
2008 “ Sceneries with Tea ” KIM CAFE GALLARY Seoul, Korea
2012 “ Tea and letters ” Gallery White Birch Seoul, Korea
2015 “ Ochacle ~Tea and Days + Oracle~ ” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan
2016 “ CHAEN ~ Relations through tea~” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan

2017 Gangneung city museum Group exhibition Gangneung city , Korea 

2017 Gangdong Art Center Seoul Group exhibition Seoul, Korea
2017 “ Scenes of Tibetan tea ”  at Meishachakan tea house in Tokyo Japan

2018 “ Scenes of Tibetan tea ”  at The Marvelous Space in Tainan Taiwan

2018 We are friends as one'展(Group exhabition)Cheoram Coal-Main History Town in Taebaek city Gangwon, Korea
2018“ Scenery related to Tibetan tea ” Cheoram Coal-Main History Town in Taebaek city Gangwon,Korea
2018 Gangdong Art Center Seoul Group exhibition , in Jeonju city, Korea

プロフィール
1968年 日本 生まれ
1993年 アメリカ、フランス滞在ののち NYのパーソンズスクールオブデザイン Parsons The New School for Design(AAS program)卒業
1994年 東京都主催の靴の学校で一年就学
1995年~99年 靴のデザイン会社で デザイン、プレス業務兼任
1999年 梅舎茶館開業 茶館経営のかたわら、多数イベント、ワークショップを開催

写真展
2007年 「 I ♥ TEA オチャノチカラ 」 梅舎茶館 日本 東京
2008年 「 お茶のある風景 」 KIM CAFE GALLARY 韓国 ソウル
2012年 「 お茶と手紙 」 Gallery White Birch 韓国 ソウル
2015年 「 オチャクル ~お茶と日々とオラクルと~ 」 梅舎茶館 日本 東京
2016年 「 茶縁 」 梅舎茶館 日本 東京
2017年 Gangneung city museum グループ展 韓国 江陵市

2017年 Gangdong Art Center Seoul グループ展 韓国 ソウル
2017年 「チベットのお茶にまつわる風景」梅舎茶館 日本 東京
2018年 「チベットのお茶にまつわる風景」飛石樓 台南 台湾
2018年 We are friends as one'展(Group show)鉄岩炭鉱歴史村 韓国 太白市

2018年「チベットのお茶にまつわる風景」 鉄岩炭鉱歴史村 韓国 太白市

2018年 Gangdong Art Center Seoul グループ展 韓国 全州市

移動 梅舎茶館
2008年 「 お茶と写真と占いと 」 KIM CAFE GALLARY 韓国 ソウル
2012年 「 3.11まつわる手紙と写真 」 Gallery White Birch 韓国 ソウル
2016年 「 您好♡台湾! Journey of Tea and Treasure in 樹樂集 」樹樂集 Treellage Life Cafe 台湾 台北

2017年 「您好♡台北&台南!Journey of Tea and Treasure in台灣」鴉珈琲&意思意思・台北 道南館&兩倆 ・台南 
2018年 「您好♡台北&台南!Journey of Tea and Treasure in台灣」鴉珈・台北 道南館&飛石樓・台南 

經歷 yoyoyooda
1968年 生於日本 1993年 旅居美國和法國之後,畢業於NY Parsons The New School for Design(AAS program) 1994年 就學於東京都主辦的製鞋學校
1995~99年 在鞋類設計公司兼任設計、壓製業務
1999年 梅舍茶館開幕。經營茶藝館的同時,舉辦許多文化活動和工作坊

攝影展
2007年 「I ♡ TEA 茶的力量」 日本・東京・梅舍茶館
2008年 「有茶的風景」 KIM CAFÉ GALLARY 韓國・首爾
2012年 「茶與信」 Gallery White Birch韓國・首爾
2015年 「Ochacle~茶、日常以及占卜」日本・東京・梅舍茶館
2016年 「茶緣」 日本 東京 梅舎茶館 
2017年 Gangneung city museum 團體展 韓國・江陵市

2017年 Gangdong Art Center Seoul 團體展 韓國・首爾
2017年 「西藏的茶事景色」日本・東京・梅舍茶館
2018年 「西藏的茶事景色」台灣・台南・飛石樓
2018年 We are friends as one'展 團體展 鐡岩石煤礦歷史村 韓國 太白市

2018年 「西藏的茶事景色」鐡岩石煤礦歷史村 韓國 太白市

2018年 Gangdong Art Center Seoul 團體展 韓國 全州市

移動梅舎茶館
2008年 「茶與攝影與占卜」 KIM CAFÉ GALLARY 韓國・首爾
2012年 「有關3.11的信與照片」 Gallery White Birch韓國・首爾
2016年 「您好♡台灣!Journey of Tea and Treasure in 樹樂集」樹樂集Treellage Life Café 台灣・台北

2017年 「您好♡台北&台南!Journey of Tea and Treasure in台灣」鴉珈琲&意思意思・台北 道南館&兩倆 ・台南 

2018年 「您好♡台北&台南!Journey of Tea and Treasure in台灣」鴉珈琲・台北 道南館&飛石樓・台南 


2017年6月13日火曜日

2017/5&6月のチベットの写真を見直す〜


中国に行ってたときにパソコンがパンパンになってしまい、バックアップを取ってたので一度リセットして、真新しい状態になる。なりすぎて今まで使ってたソフトもなくなってしまってたので、新しいソフトをダウンロードして使ってみる。新しすぎて勝手がわからないけど〜使ってるうちに慣れてくことを願う・・・・

2017/5&6月のチベットの写真を見直す〜
I will join 2group exhibition with my photo in Korea. 
★2017/7/5~7/11 Gangneung city museum Open party 7/5 5:00pm
★2017/7/13~7/20 Gangdong Art Center Seoul
Please stop by

#チベット #写真
 #西藏(Xīzàng)#照片(Zhàopiàn)   
#བོད་ལྗོངས #འོད་པར་རྒྱབ་ཐབས།
#티베트 (tibeteu)  #사진 (sajin) 
#Tibet #photo #photography #blackandwhitephotography #travel #people #instagram  #fareastdiary #yoyoyooda #yoyoyoodapeople #yoyoyoodablackandwhite

2016年1月29日金曜日

2015年11月11日水曜日

2015 “ Ochacle ~Tea and Days + Oracle~ ” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan 2015年 「 オチャクル ~お茶と日々とオラクルと~ 」 梅舎茶館 日本 東京

Ochacle ~Tea and Days + Oracle~
yoyoyooda Photograph Exhibition

2015/11/10-11/28
●Address: 「Meishachakan
」#203 2-18-9  Minamiikebukuro Toshimaku
Tokyo Japan
●Web: http://meishachakan.com
●Tel: +81-3-3971-2256


名称:『オチャクル ~お茶と日々とオラクルと~ 』 yoyoyooda写真展
作者名:yoyoyooda
会場:梅舎茶館 東京都 豊島区 南池袋 2-18-9, 203
展示会期:2015年11月10日~11月28日
営業時間:13:00 ~ 18:00 定休日:日&月

yoyoyooda
Instagram :  https://www.instagram.com/yoyoyooda/ 
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com






2012年2月12日日曜日

2012 “ Tea and letters ” Gallery White Birch Seoul, Korea2012年 「 お茶と手紙 」 Gallery White Birch 韓国 ソウル

Tea and letters
yoyoyooda Photograph Exhibition

2012/2/7-2/12
●Address: 「Gallery White Birch
」Gallery White Birch 36.sagan-dong, jongno-gu, Seoul,Korea
●Web:  https://www.facebook.com/galleryjjnamu/
●Tel: +822 733 7944


名称:『 お茶と手紙 』 yoyoyooda写真展
作者名:yoyoyooda
会場: Gallery White Birch 韓国 ソウル 36.sagan-dong, jongno-gu, Seoul,Korea
展示会期:2012年2月7日~2月12日


yoyoyooda
Instagram :  https://www.instagram.com/yoyoyooda/ 
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com







2008年10月1日水曜日

2008 “ Sceneries with Tea ” KIM CAFE GALLARY Seoul, Korea 2008年 「 お茶のある風景 」 KIM CAFE GALLARY 韓国 ソウル

Sceneries with Tea
yoyoyooda Photograph Exhibition
●2008/10/1-10/14
●KIM CAFE GALLARY  Insadong Seoul, Korea 


名称:『 お茶のある景色 』 yoyoyooda写真展
作者名:yoyoyooda
会場 :  KIM CAFE GALLARY 韓国 ソウル 仁寺洞
展示会期:2008年10月1日~10月14日

yoyoyooda
Instagram :  https://www.instagram.com/yoyoyooda/ 
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com

2008 “ Sceneries with Tea”  KIM CAFE GALLARY Seoul, Korea / 展示会の様子


Luk Yu Tea House in HK / 香港の陸羽茶室


The wedding ceremony with tea in HK / 香港の結婚式


Wealthy Moroccan family / モロッコのお金持ちのお家

2007年1月29日月曜日

2007 “ I ♥ TEA The P.O.W.E.R of Tea” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan 2007年 「 I ♥ TEA オチャノチカラ 」 梅舎茶館 日本 東京

I ♥ TEA The P.O.W.E.R of Tea
yoyoyooda Photograph Exhibition

2007/11/10-11/25
●Address: 「Meishachakan
」#203 2-18-9  Minamiikebukuro Toshimaku
Tokyo Japan
●Web: http://meishachakan.com
●Tel: +81-3-3971-2256

名称:『 I ♥ TEA オチャノチカラ』 yoyoyooda写真展
作者名:yoyoyooda
会場:梅舎茶館 東京都 豊島区 南池袋 2-18-9, 203
展示会期:2007年11月10日~11月25日
営業時間:13:00 ~ 18:00 定休日:日&月

yoyoyooda
Instagram :  https://www.instagram.com/yoyoyooda/ 
FB : https://www.facebook.com/yoyoyooda/
Blog : https://yoyoyooda.blogspot.jp
Tea shop : http://meishachakan.com



2007 “ The P.O.W.E.R of Tea” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan/ 展示会の様子


The place for teasting and buying Anxi Tei-Kuan-Yin Tea in Anxi, China / 
安渓の茶葉取引所にあるテイスティング場 


 The old tea market in Shanghai / 上海大統路周辺、茶葉市場跡 


 Making tea in Taiwan / グリーンの写真はお茶がドラムで回ってる様子


2007 “ The P.O.W.E.R of Tea” at Meishachakan tea house in Tokyo Japan/ 展示会の様子



I  ♥ TEAオチャノチカラ写真展 
2007年11月10日~25日 お店をはじめて8周年になりました。 店を始めたきっかけはNYのチャイナタウンの 喫茶店にかよっていて あ~おばあさんになったら 友達とこんな喫茶店ができたらな~と 想像してたのが前倒しになって 1999年11月18日にOPENしました。 いろんな国のチャイナタウンにはいったことがありましたが お店の開業準備前まで 台湾、中国、香港はでかけたことがなく 想像上の世界でした。 実際仕入れに行きだして毎年 それぞれの国にでかけてます。 今年は3週間ぐらい茶どころをぐるぐるとめぐってきて 「いい加減もう飽きるだろう」とおもいましたが あきるどころか「来年は~」とまたまた 楽しみがひろがってしまいました。 

8年間もヨーダの気持ちをつかんではなしません!!! 中国の人たちのヘアースタイルで 辮髪(ベンパツ)がポピュラーだったころ イギリスとのあいだに戦争がありました。 お茶はそのいくさの原因のひとつとなりました。 その戦前後、お茶は独自の旅をへて その国の風土にあった 飲まれ方や作法が生まれました。 戦争の原因になったり、日本でいう三々九度のかわりに お茶が夫婦や親戚の絆をむすぶ大切な役割をしたり、 お酒や軽食のかわりに飲まれてたりホントさまざまです。 

これからも末永く戦争の原因じゃなくて 「平和のかげにお茶あり!」という時代が つづくといいな~と思ってます。 お茶が遠路ハルバル日本にきたように これからお茶をたのしみつつ いろんな国(日本国内を含む)にめぐって 写真を撮っていければな~と思ってます。 今回の写真展は「その1」みたいなものです。 台湾、中国、香港でここ数年で撮った お茶にまつわる事柄や土地の写真です。 

タイトルのI  ♥ TEAはI  ♥ NYから もじったものでこの土地(NY)にいかなければ お茶とこんな形でであえなかったと・・・・ TEAとNY、両方に対するオマージュです。 いろんな事をつうじていただいたココロの滋養や 8年間の間に梅舎茶館にたちよってくださった みなさんのおかげでこんなたのしいことが つづけられたと思ってます。 いままでどうもありがとうございます。 そしてこれからもよろしくおねがいします。 中国茶がのみたくなったら お待ちしてますね~! 梅舎茶館 ヨーダ